HOME

What's New(新着情報)

本当にIT化は必要なのか。

世間一般にIT化という流れは官公庁から大企業などでは当たり前のように推進され、今まさにその形が整いつつある中で中小企業については未だにIT化されておらず、この大企業と中小企業との差が大きくなっているように感じることがある。

IT化についてはどうしても費用がかかるのは仕方がないが、それを捻出できる体力があるかないかにかかわってくると、中小企業ではどうしても大きくIT化を推進していくのは難しい。またIT化による人材の収集は、大手にとっては容易いことかもしれないが中小企業にとっては死活問題になりかねない。と言ってIT化のスピードを落とすのは得策ではない。であればそのIT化を分割して行う方法が当てはなるのではないだろうか。

IT化と言っても1から10まで、すべてをいきなりオンライン化やコンピュータ化するのではなく業務内容を見て必要な事業や部門に対してIT化を率先して行うという形だ。これなら中小企業でも難なく導入を検討できるのではないだろうか。何もかもがすべてIT化という訳にはいかないことはたくさんある。人の手で判断しなくてはならないこともたくさんある。それらをきちんと見極めてからIT化を進めていくという効率的な手法を取るべきだと思う。

そうしないことには中小企業が本格的にIT化など出来る訳がないだろう。間違っても一気にIT化などをしてしまった場合は目も当てられない結果が待っていることだろう。石橋は叩いて渡るぐらいの慎重さが経営者の手腕とも言えるのではなかろうか。

HOME